読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~火風の手記~ プラゲ紹介・攻略録

ネット生活15年のひかぜが綴る手記。

DMM 新作ゲームを評価してみる

DMMゲーム

◆レムリア

レムリア

レムリアは、簡易コマンドバトルの普通のRPG。

 

グラ的には剣戟のソティラス(サービス終了)の絵が近いのかな。

ホーム画面はブレイブガールレイウンズと似たような感じ。

攻撃時、九十九姫のスキル発動と同じようなカットインがはいるため

爽快とはいえず人を選ぶかもしれない。

 

※公式引用SS

 

1区画ごとに左右を選択して探索し、敵がいれば戦闘になる形。

このメーカー、ストーリーで勝負するのかと思っていたら、普通のRPGを出してきた。しかし、ゲームシステムとして他社によりおすすめできるこれってものが感じられなくて残念。

 

 

◆マジカルウィッチストーリーズ

 

こちらは、まんま少女とドラゴン的なシステム。

王道RPGでpvpもどきがある。

プラウザ屈指の美麗グラはどっかに消え失せ、二頭身の微妙なグラに。

 

男性キャラもドラゴンもデカ猫もいなくなり全部女の娘になりました。かなしみ。

 

おまけにナレーション式フルボイスストーリーは「ぐはぁ」とか「ふふっ」とかいう超適当な充てボイスに・・。

 

 

キャラは多い。ただフラワーナイトのように25キャラ(一部40キャラ)とか使うわけでなく、基本4人+傭兵1という少女とドラゴンとシステムが同じなのが・・。

※画像は公式より

 

 

◆神姫PROJECT

プラウザ王道RPG、コマンドバトル。

 

初速15万IDということになっているが、

事前期間&事前ガチャなどが長かったため実際の数は疑問。

 

※画像は公式から。ただし、戦闘はハイスピードとはいえない。

しかし、レイドボスがリアルタイム進行なのでこれはやりがいがある。

 

しかし! 事前でいろいろやってた理由はここにある。↓

おそろしいことに、プラウザでも稀有なフルボイスを採用。

 

なにが恐ろしいかって、ただのRPGは数がある上に、

ゲーム内容で勝負しているものも多いってこと。

 

萌え路線のDMMゲームにしてはずいぶんな初期投資。

ぜったいコケられないという意思のあらわれなのだろうか?

 

ぶっちゃけ、ゲームとしてはスマホでスクエニのグランブルーファンタジーのほうがおすすめだがプラウザでできないし、神姫のキャラはストーリー&バトルが個性的かつフルボイスなのでやってみるのもいいかも。

各キャラのバーストスキル(必殺技)は結構派手で、幻獣召喚のSSRのカットインスキルもかなり迫力がある。

 

※サブクエはボイスがない。

 

< ↓ 公式サイト ↓ >

 

◆御城プロジェクト

 

御城は前作がリニューアルされたディフェンス系ゲーム。

 

足軽みたいな敵が大将のところに移動してくるので、

凸マークのところに城娘(キャラ名が実在した城名になっている)

を配置して迫ってくる敵を迎撃する。

 

※画像は公式から

 

撃退していると、巨大化というアイコンが表示される。

 

巨大化するとHPが回復するほか能力が上昇するので、巨大化のタイミングがポイント。 ただし、戦略という意味では、千年戦争アイギスの方が上かとは思う。

 

 

< ↓ 公式サイト ↓ >